読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

養育費が国を亡ぼす

離婚、再婚、養育費、少子化、人口減少に関する自論

義務としての養育費なのに

f:id:siosaba8145:20170227162534j:plain



離婚した夫婦の間の子供の養育費は、
一緒に生活している片親が100%負担するものではありません。

それは当たり前のことなのに、
一緒に生活しないなら、養育費は払いたくないという人、多いです。

私の最初の夫もそうでした。

多分、子供の養育費という感覚ではなく、
私がラクするためのお金だから払いたくないと考えたのだと思います。

私の場合は、そんな小っちゃい考え方しかできない男から
一円ももらいたくないわ!と思ったので養育費はゼロ円でした。

しかし、きちんと支払う人もいるんですよね。

私が再婚した人、再再婚した人、二人ともバツイチで、
養育費をきちんと払っていました。

現在の夫はまだ支払い中です。

毎月、5万円の支払いをしていた再婚相手は、
収入も少ないので、再婚後に毎月5万円の負担はかなり厳しかったです。

しかも、ボーナス時には10万円別に支払うように取り決めされていました。

随分と厳しい条件で離婚したものです。

自分の子供を養育するために、
義務を果たさなければいけないという責任感もあったのでしょう。

私も働きながら養育費の支払いが滞らないように努力しましたが、
それだけ負担しても、扶養家族ではないので所得控除にはなりません。


ちょっと不思議なのですよね。
離婚してしまうと扶養家族じゃなくなるのは何だか変な感じ。
扶養義務があるから養育費を払うのに。


離婚する夫婦がこれだけ増えているのに、
養育費に関するルールを、新たに作らないと、
ヤバいと思うのです。

私は、再婚後に子供を望みましたが、
私が働かないと家計が維持できないため、
子供を作ることはあきらめました。

離婚して再婚するカップルが、
子供を作れない理由として、
養育費の負担があることを身をもって経験しました。


養育費を払わないのはダメだと思いますが、
長いケースなら10年以上も払い続ける養育費なので、
きちんと次の生活も送れるような制度がそろそろできて欲しいものです。


そんな小さなところにも、
この国の未来への影響があるのではないでしょうか。

広告を非表示にする